全国高校総合体育大会(インターハイ)「はばたけ世界へ 南東北総体 2017」は第6日の2日、山形、宮城、福島の3県で13競技を行った。青森県勢はレスリング男子60キロ級の小川航大(八工大一)が3位入賞。陸上では男子1600メートルリレー決勝で弘前実が6位入賞した。バドミントン男子単は奈良岡功大(浪岡)が準決勝に進出。弓道女子団体は田子が決勝トーナメントに進んだ。フェンシングは男子エペ予選の坪颯馬(田名部)、サーブル予選の相内大地(青北今別)が予選トーナメント2回戦に駒を進めた。第7日の3日は3県で8競技を実施する。

...    
<記事全文を読む>