全国高校総合体育大会(インターハイ)「南東北総体2017」メイン会期第5日は1日、各地で陸上など計12競技が行われた。

 7月31日にふたば未来が男女団体ダブル優勝を決めたバドミントンは男女それぞれダブルスが始まり、男子はふたば未来の2組、女子は同校の1組が3日の準決勝に進んだ。

 バドミントン男子ダブルスはふたば未来学園の金子真大・久保田友之祐(3年)組と、山田尚輝・筑後恵太(同)組がそれぞれベスト4に勝ち進んだ。

...    
<記事全文を読む>