ソフトボールの奈良女子は、エース田口の投打に渡る活躍で2回戦を突破した。

 強打の利府(宮城)に先制を許し、初戦と同じゼロ行進の厳しい試合展開。七回、小寺の中前打が敵失となり、続く喜屋武の送りバントがまたもや前日同様の悪送球を誘って無死一、二塁。北風がしっかり犠打を決めて1死二、三塁。しかし、次打者のスクイズ失敗で2死二、三塁。ここで田口が2ストライク3ボールと追い込まれた後、左中間を破る走者一掃の適時二塁打し、2―1と逆転。さらに代打の村田が適時打して田口も生還した。

...    
<記事全文を読む>