全国高校総合体育大会(インターハイ)の卓球競技が7月31日、福島県郡山市の郡山総合体育館で行われ、女子ダブルスで、明徳義塾高校の井絢乃と三村優果の両選手の組が、横浜隼人高(神奈川県)の組を破り、優勝した。女子ダブルスでの高知県勢の優勝は、1964年の福谷佐智子、浜田美穂両選手(土佐女子高)以来、53年ぶり2度目の快挙。

 横浜隼人高の笹尾明日香選手と杉本恵選手のペアとの決勝戦。準決勝をストレート勝ちして勢いに乗る相手に対し、第1ゲームから井選手のサーブレシーブがさえる。厳しいコースをついて相手のミスを誘うと、三村優選手のスマッシュも効果的に決まって第1、2ゲームを連取する。第3ゲ...    
<記事全文を読む>