兵庫県と姉妹都市交流協定を結ぶロシア・ハバロフスクの女子バレー選手と、県内の女子高校生の親善試合が23日、明石商業高校(明石市魚住町長坂寺)で開かれた。選手たちは必死にボールを追って汗を流し、互いに健闘をたたえ合っていた。

 2010年から続く県のスポーツ交流事業。バレーボールや柔道の選手たちが両国を訪問し合っており、今回はハバロフスクの14~17歳の選手10人と監督らが22日に来日した。県チームのメンバーは公立高校の2年生12人で、昨夏にはハバロフスクを訪問している。

 試合では、ハバロフスクの選手たちが身長を生かした力強いスパイクやブロックを見せたが、県チームが速攻やサーブで得...    
<記事全文を読む>