全国高校総体は31日、宮城県などで11競技を行った。サッカー男子は3回戦で旭実が3―2で静岡学園(静岡)に逆転勝ちし、初めて準々決勝に進んだ。道内勢が8強入りしたのは1994年の室蘭大谷(現道大谷室蘭)以来、23年ぶり。女子は1回戦で道大谷室蘭が藤枝順心(静岡)に0―4で敗れた。旭実は2日、準々決勝で日大藤沢(神奈川)と対戦する。

 陸上400メートル障害の男子は田辺ジョー(立命館慶祥)が52秒41で3位、小野寺将太(旭大高)が52秒56で4位に入った。400メートルリレーは女子の恵庭北が45秒94で3位、男子の道栄が40秒63で4位だった。走り幅跳びの女子では吉田梨緒(立命館慶...    
<記事全文を読む>