ラグビーの第97回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が28日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、41チームの対戦が決まった。

 今季の関東大会県予選の4強がAシード(第1~4)、8強がBシード(第5~8)に決まった。

 同大会7連覇した深谷は第1シードから4年連続10度目の優勝を狙う。同大会準優勝の雪辱を果たしたい昌平は第2シードに入った。第3シードに4年ぶりの頂点を目指す浦和、第4シードには、今春の全国選抜大会に初出場した川越東が収まった。

 第5シードは6月の国体予選を制した正智深谷が入り、第6シードには唯一全国制覇経験のある熊谷工、第7シードに慶応志...    
<記事全文を読む>