ボートのU19(19歳未満)世界選手権(8月2~6日、リトアニア)に、京都市伏見区の伏見工業高3年遠山秀雄選手(17)が2大会連続で出場する。前回は上位入賞を逃し、肌身で感じた世界との差を埋めるべく、持久系の厳しい練習を積んできた。けがもあったが乗り越え、「やってきたことを全てぶつけたい」と力を込める。

...    
<記事全文を読む>