嘉手納高校3年生の宮城和真さん(18)=北谷町=が、日本プロサーフィン連盟(JPSA)のプロ資格を取得した。27日に愛知県田原市で開かれた夢屋サーフィンゲームス田原オープンのプロトライアルで、プロ認定基準となる1ラウンドで12点を出した。沖縄県内でのプロ認定者は4人目で、高校生では初めて。プロトライアルは3回戦あり、1ラウンドで良い点数の波を2本合わせて12点以上が出ると基準をクリアする。宮城さんは、3回戦で12点(1本目は8点、2本目が4点)を出した。

 27日は波が荒れた状態でコンディションは悪かったというが、宮城さんは「勝因はリラックスして乗れたこと」と話す。

 サーフィンを...    
<記事全文を読む>