第70回近畿高校弓道大会がこのほど、大津市の県立武道館で開かれ、神島3年の佃亮太君が男子個人の部で準優勝、女子団体の部で神島が3位に入った。  個人戦に近畿6府県の予選を勝ち抜いた男女各60人が出場。8射中5射以上的中させた選手が予選を通過し、決勝は的中させ続けた選手が勝ちとなる射詰めで順位を決めた。  男子個人は27人が予選を通過。決勝の射詰めで、佃君を含む3人が4射まで当てた。5射目から的の小さい八寸的になり、6射目で3人のうち東大津(滋賀)の選手が的中させて優勝。残る2人が的の中心に近い方に的中させる遠近法(2位決定戦)をし、佃君が勝った。  他に紀南勢は田辺工業3年の大...    
<記事全文を読む>