“女子の甲子園”と呼ばれる「全国高校女子硬式野球選手権」が28日、兵庫県丹波市市島町中竹田のスポーツピアいちじまで開幕する。今年の参加は26チーム。女子野球アジア・カップ日本代表監督、橘田恵さん(34)=三木市出身=が履正社高(大阪)、同コーチの長野恵利子さん(43)=淡路市出身=は福知山成美高(京都)の監督として、それぞれ指揮を執る。同カップの代表選手20人も全員参加予定で、世界を舞台に戦うメンバーのプレーを見ることができる。

 アジア・カップはワールドカップ(W杯)予選として新設され、香港で9月2~7日、6カ国・地域で争う。日本代表選手は18歳以下で構成。女性の代表監督は初め...    
<記事全文を読む>