第62回全国高校軟式野球選手権栃木大会第2日目は25日、県営球場で準決勝を行い、白鴎足利と佐日中等が決勝に駒を進めた。

 1回戦で文星付を倒した白鴎足利は作新と対戦。初回に1点を先制されたが、三回に捕逸で逆転。八回に三塁打と犠飛で3点を追加し、昨年王者を突き放した。

 佐日中等は足でかき回す作戦が奏功。6盗塁を足掛かりに、5得点。七回に3点を追い上げられたが、最後まで主導権を手放さなかった。

 決勝は大会最終日の26日午前9時半から、同球場で行う。

...    
<記事全文を読む>