第62回全国高校軟式野球選手権和歌山大会の決勝が24日、上富田町朝来の上富田スポーツセンター野球場であり、南部が新宮に4―1で勝って2年ぶり11回目の優勝を決めた。南部は8月1日から大津市で始まる近畿大会に県代表として出場する。 【決勝】 南部  000011020―4  000000100―1 新宮  〔南〕坂口―武田 〔新〕上久保、田中宏―岡  三塁打=片山、坂本(南)  二塁打=谷村(南)、城(新)  南部は5回に敵失で先制。6回には2死三塁の場面で坂口が適時打を打ち、追加点を挙げた。7回に失策から1点差とされたが、8回に2本の三塁打を含む3連打で2得点。積極的な走塁も絡...    
<記事全文を読む>