西日本新聞創刊140周年記念平成29(2017)年度金鷲旗高校柔道大会第3日は23日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の決勝などを行い、昨年3位の南筑(福岡)が悲願の初優勝を飾った。

 南筑は今春の全日本選抜体重別選手権78キロ超級を制した大将の素根輝(2年)が、大成(愛知)との準決勝で逆転の4人抜きを果たすと、今春の全国選手権優勝校の夙川学院(兵庫)との決勝では、相手先鋒で52キロ級の国内トップ選手の阿部詩(2年)に副将まで4人を抜かれたが、このピンチで登場した素根がオール一本勝ちで5人を抜き返す大逆転を演じた。

 夙川学院が準優勝。3位は大成と大会3連覇を逃した敬愛(福岡)...    
<記事全文を読む>