全国高校総体(インターハイ)や高校選手権などに出場する県選手団の結団壮行式が十三日、金沢市稚日野町のいしかわ総合スポーツセンターであり、三十二競技の六百二十四人が健闘を誓った。

 穴水高の高茉奈さんが「持てる力を百パーセント出し切り、きらっと光る県選手団を期待しています」と激励の言葉を述べ、選手代表の遊学館高卓球部の出雲卓斗主将が「東日本大震災から六年がたった。スポーツができることが決して当たり前でないことを心に留め、結果という形で恩返しできるよう全国制覇を目指す」と宣誓した。

 インターハイは二十八日~八月二十日、山形、宮城、福島の東北三県を中心に行われる。

 (岡本真穂) ...    
<記事全文を読む>