卓球の高校年代の男子日本代表に吉田俊暢(としなが)(専大北上高3年)が選ばれ、今月と来月の国際2大会に出場する。8日は北上市内で同校OBや卓球部員らによる壮行会が開かれた。

 吉田は15~18日にベトナム・ホーチミンで行われるゴールデンラケット大会の代表4人、8月25~27日に茨城県で開かれる日韓中ジュニア交流競技会の代表5人の一人に選ばれた。

 今春の選考会で7位の成績を収め、昨年の日韓中交流競技会に続き代表入りした。169センチ、59キロの右シェークハンドで、今回の代表では唯一のカットマン。6月の東北高校選手権シングルスでは準優勝した。

...    
<記事全文を読む>