抜き勝負の団体戦で争う平成29年度金鷲旗・玉竜旗高校柔剣道大会(西日本新聞社など主催)の参加校が確定し、シード88校と組み合わせが30日、決まった。今年は計1443チームが参加。21日の金鷲旗男女合同開会式から29日の玉竜旗男子決勝まで、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で熱戦を展開する。

 柔道の金鷲旗は海外5チームを含む男子322、女子168チームがエントリー。男子は今春の全国選手権を制した桐蔭学園(神奈川)や大会3連覇を狙う国士舘(東京)、全九州大会優勝の大牟田(福岡)などがシード入りした。女子は全国選手権を制した夙川学院(兵庫)や大会3連覇が懸かる敬愛(福岡)、南筑(同)など...    
<記事全文を読む>