男子バレーボールの高川学園は予選グループ戦で鎮西(熊本)に1―2で敗れたが、敗者復活戦で弥栄(神奈川)に2―0で勝ち決勝トーナメント進出を果たした。 鎮西戦は第1セットを接戦の末、27―25で奪ったが、第2セットを20―25で落とすと第3セットも序盤でリードを許したまま挽回することができず、18―25で落として敗退した。

 その後に行われた弥栄戦は第1セットを25―13で圧勝すると、第2セットも25―22で制し決勝トーナメントへの切符をつかんだ。  女子の誠英は予選グループ戦で利府(宮城)を2―0で下し、決勝トーナメント行きを決めた。
...    
<記事全文を読む>