神戸野田高校(神戸市長田区海運町6)の女子バレーボール部が、28日から宮城県で開幕する全国高校総体(インターハイ)に、創部72年目で初めて出場する。兵庫県高校総体はこれまでベスト4が最高で、上位2チームに与えられるインターハイ枠にあと一歩のところで届かなかった。今年は「今の自分を超える」をスローガンに、厳しい練習を重ねてきた部員たち。「初出場だから怖いものは無い。全国でどれだけ通用するか楽しみ」と意気込む。(門田晋一) 通学時などのごみ拾いに取り組み、地域住民などから熱烈な応援を受けてきた同部。インターハイの切符を手にするため、上山晴久監督(43)は「自分たちで考えるバレーボー...    
<記事全文を読む>