豊岡総合高校(兵庫県豊岡市加広町)の女子バレーボール部が17~20日、和歌山県で開かれた近畿高校バレーボール優勝大会に、2年ぶり4回目の出場を果たし、初めて1回戦を突破した。但馬勢としては唯一の出場校で、続く2回戦で惜しくも敗れたが、引退する3年生たちは「後輩たちには、ぜひ記録を更新していってほしい」と夢を託した。(阿部江利) 今年のメンバーは1~3年生30人。同部は2013~15年、県大会でベスト16入りして近畿大会に出場したが、すべて初戦敗退に終わった。16年は近畿大会に一歩届かず。涙をのむ先輩たちの姿を目に焼き付け、「私たちが思いをつなぐ」と練習に励んできた。その分今年は...    
<記事全文を読む>