氷上高校(兵庫県丹波市春日町黒井)の女子バレーボール部が、28日から宮城県で開かれる全国高校総体(インターハイ)へ2年連続37回目の出場を決めた。2年前、36年ぶりにインターハイ出場を逃した悔しさを胸に戦ってきた選手たち。平均身長約175センチの高さを生かした全国トップクラスの攻撃力を生かし、日本一を目指す。

 部員24人が在籍する同部は、6月に神戸市であった県高校総体では1セットを落とすのみの圧倒的な実力を見せつけ、全国への切符をつかんだ。

 強豪として知られる同部だが、2年前の県高校総体で敗退した苦い経験は当時1年生だった選手たちの原動力になっている。スタンドから声援を送ってい...    
<記事全文を読む>