抜きつ抜かれつの大接戦を我慢強く制した。エースだけに頼らない「全員バスケ」を身上とする佐賀北が延長戦の末、東洋大京北(東京)に87-80の粘り勝ち。大坪郁弘監督は「最後まで冷静に走り抜いてくれた」と、奮闘した選手たちをねぎらった。

 見せ場は第4クオーターだった。60-57と3点リードで突入したものの、相手に立て続けに点を奪われ、最大3点差を追う展開に。手に汗握る攻防が続く中、右足首を痛めているエース角田太輝と代わる代わるコートに立った2年の岸川達希が燃えた。

 「太輝さんの代わりとして出ている以上、チームを引っ張りたかった」と岸川。残り2分、気迫を込めた2点シュートを決め、72-...    
<記事全文を読む>