インターハイの舞台に「常連」が帰ってきた。バスケットボール男子の能代工は、2年ぶりの出場。昨年は全県総体の連覇が47で止まって出場を逃し、今年も準決勝まで薄氷を踏むような試合が続いた。しかし決勝では攻守がかみ合い、能代工らしい戦い方で全国切符を手にした。児玉凜斗主将(3年)は「どんな状況であっても、全国優勝を目指すという目標に変わりはない」と言い切る。

...    
<記事全文を読む>