室蘭市の海星学院高女子バスケットボール部が、27日に福島県で開幕する全国高校総体(インターハイ)に2年ぶりに出場する。大会を前に11日、主将らが青山剛市長を表敬訪問した。同校を強豪校に育て、昨年10月に亡くなった中島洋介監督の教えを胸に「初戦突破を目指す」と意気込んでいる。

 6月23~25日に函館市で行われた全道大会の決勝リーグでは、旭川藤女子戦は81―79、とわの森三愛(札幌)戦は70―69といずれも競り勝った。決勝の札幌山の手戦は88―117で敗れたが、上位2校の全国大会出場権を獲得した。荒沢恵美菜主将(3年)は「20点差から逆転した試合もあり、接戦を制したことは自信になっ...    
<記事全文を読む>