全国高校総体第3日は30日、福島県などで12競技を行った。バスケットボール男子の飛龍は桜丘(愛知)に82―68で勝ち、沼津学園時代の1994年総体以来23年ぶりの8強入りを果たした。レスリング男子団体の沼津城北も31日の準々決勝に駒を進めた。

 陸上は男子八種競技の榎尾珠莉(東海大翔洋)が、自らの県高校記録を塗り替える5562点で5位に入賞した。男子100メートルの鈴木涼太(浜松工)は7位に入った。

 サッカー男子の静岡学園は3―1で星稜(石川)を下し、3回戦に進んだ。卓球は男子ダブルスの川上尚也・渡井丈人士組(静岡学園)と西村星哉・深沢大陽組(浜松修学舎)が4回戦に進出。

 県勢以...    
<記事全文を読む>