■逆転許し力尽く チーム一丸で全力を尽くしたものの、リベンジは果たせなかった。昨年と同じく尚志(福島)と初戦で顔合わせしたサッカー男子の佐賀東は後半に逆転を許し、1-2で惜敗した。

 試合は大雨の中で行われた。前半9分、佐賀東のFW宮城恵太が相手GKのパスをカット。浮き上がったボールを押し込み、鮮やかに先制した。

 ただ、後半は細かいパスワークで相手に主導権を握られ、1点を追う展開に。縦パスで同点機を狙ったが、前線までつながらず力尽きた。

 「自分が起点となり、もっとボールを回せるようになりたい」と宮城。冬の全国選手権を目指し、力を高めていくことを誓った。

 ▽男子1回戦 <記事全文を読む>