竹田市の竹田南高校は来春、女子サッカー部を創部する。28日、JFLヴェルスパ大分と連携協力協定を締結した。コーチやスタッフの派遣を受け、全国公募する部員にハイレベルな育成環境を整えた上で、2020年の全国大会出場を目指す。

 県内で現在活動する女子サッカー部は柳ケ浦のみ。竹田南は不登校の生徒を受け入れるなど、特色ある取り組みで知られる。目玉となる部活動をつくろうと、ヴェルスパ側に働き掛けてパートナー関係を築いた。

 市役所で調印式があり、同校を運営する稲葉学園の平野孝光理事長と、ヴェルスパを運営するNPO法人の清原裕輔副代表、立会人の首藤勝次市長が協定書に署名した。平野理事長は「プ...    
<記事全文を読む>