アジア地域の16、17歳の選手が出場するレスリングの国際大会「アジアカデットレスリング選手権大会」(7月20~23日、タイ・バンコク)に、下関市の豊浦高校2年、青野南美さん(17)が出場する。青野さんは「海外の人と試合をするのは初めて。相手より優位に立って一つでも多く勝ち上がりたい」と意気込んでいる 青野さんは柔道でも本年度の全国総体に出場が決まっている実力者。レスリングは中学3年の時、柔道部の後輩に誘われて柔道のスキルアップのためにと始めた。現在は同校の柔道部とレスリング部に所属しており、レスリング部の練習には週1、2回のペースで参加している。柔道とレスリングの両立について「...    
<記事全文を読む>