インターハイ京都府予選柔道男子団体の京都学園は、個人でも全国大会優勝を狙う3年生を中心に強さを発揮して4連覇を飾った。ただ、接戦になった試合も多く、勝部主将は「勝てたことは良かったが、内容を問われたらまだまだ」と本大会に向けて表情を引き締めた。

...    
<記事全文を読む>