県高校総体のウエートリフティング競技がこのほど、和歌山市の和歌山東高校であった。紀南で唯一出場した田辺工業から、男子56キロ級で2年の岩本航輝君(17)、男子69キロ級で3年の面屋聡紀君(18)がそれぞれ準優勝し、全国高校総体(インターハイ)の出場を決めた。同校から岩本君と面屋君を含む4人が近畿総体に出場する。  県総体に5校が参加した。男子の部は9階級あり、バーベルを一気に頭上へ引き上げる「スナッチ」と、いったんバーベルを胸まで上げてから頭上に持ち上げる「ジャーク」の合計重量で競った。  8月3~6日に福島市である全国総体への出場選手には、合計の標準記録を突破した選手のうち上...    
<記事全文を読む>