2017年度四国高校選手権前期大会は16日から4日間、4県で32競技が行われる。このうち全国高校総体(7月28日~8月20日、山形県など南東北3県)の出場枠を懸けて争われるのは陸上、新体操男子、サッカー女子、自転車、ホッケー、ボクシング(ウエルター級)、レスリング女子の7競技。ボクシングを除く6競技に出場する県勢の有力校や注目選手を紹介する。■ホッケー    男子は各県1校の4校、女子は高知を除く3県の3校が出場。男女各2の出場枠を争う。

 12年連続出場の阿南工にとっては前回、10連覇を阻まれた伊予(愛媛)が最大のライバル。守備の要であるGK田中主将を軸に相手の攻撃をしのぎ、カ...    
<記事全文を読む>