軟式野球の春季近畿地区高校大会最終日は11日、和歌山市の紀三井寺球場で決勝があり、春季兵庫県大会覇者の報徳が4-0で東山(京都)に完封勝ちし、2年ぶり4度目の優勝を果たした。

 報徳は五回、2死二、三塁から早川の三塁打で2点を先制。七回は前田の適時二塁打、八回は代打住野の内野ゴロで1点ずつを加えた。藤岡、本木の投手リレーも4安打無失点と危なげなかった。

...    
<記事全文を読む>