軟式野球の春季近畿地区高校大会第2日は9日、和歌山市の紀三井寺球場で2回戦3試合があり、春季兵庫県大会を3連覇した報徳は5-4で天理(奈良)に競り勝ち、3年連続でベスト4に進んだ。

 報徳は0-2の六回に敵失も絡めて一挙5点を奪い、反撃を七回の2点にとどめて逃げ切った。

 第3日は10日、同球場で報徳-立命館(京都)、東山(京都)-比叡山(滋賀)の準決勝2試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>