全国高校総体ソフトボール男子の九州地区第7代表決定戦が10日、大分県の日田市B&G天瀬海洋センターで開かれる。佐賀県内唯一の高校男子チーム牛津が5年連続の全国高校総体出場をかけて大分県代表の大分東と対戦する。

 チームをけん引するのは2年生エース福地廉。ライズ、ドロップにチェンジアップなど多彩な変化球を操り、打者に的を絞らせない。3月の全国選抜で1勝を挙げ、5月の九州大会で全国選抜優勝の大村工(長崎)と接戦を演じるなど力を伸ばしている。打線は俊足の1番山田裕紀の出塁が鍵。鍛え上げた走塁とたたきつける打撃で1点ずつ得点を重ねたい。

 釘本晋監督は「守備からリズムをつくり、粘り強い試合...    
<記事全文を読む>