第67回県高校定通制総合体育大会が10日から本格的にスタートする。陸上、バスケットボールなど8競技を17日まで行う。全国高校定通制大会(7、8月・東京、千葉、神奈川、静岡)の出場権を懸けた予選となる。白熱した戦いが期待される各競技を紹介する。

 男女合わせて68人が参加し、最も規模の大きい卓球は男女とも層の厚い堀之内勢に長岡英智と明鏡勢が挑む。ソフトテニス男子は堀之内勢と荒川勢の一騎打ち。

 バスケットボール男子は佐渡高校相川分校に勢いがある。女子は昨年のメンバーが残る長岡明徳が有力。剣道男子個人は昨年の北信越王者柿倉樹斗(新潟翠江)に出雲崎勢がどこまで立ち向かえるか。

 競技の日程...    
<記事全文を読む>