第69回県高校総合体育大会第4日は5日、諫早市なごみの里運動公園などで14競技が行われ、ソフトボール男子で島原工が19年ぶりの頂点に立ったのをはじめ、7競技で団体(総合)優勝校が決まった。

 ソフトボール男子の島原工は決勝で、3月の全国選抜大会を制した大村工に4-3で競り勝った。女子は九州文化学園が決勝で向陽を2-0で下して連覇記録を「15」に伸ばした。

 ハンドボール決勝の男子は瓊浦が長崎工を29-19、女子は清峰が瓊浦を25-17で下して、ともに2年連続で全国切符を獲得。剣道は島原が2年ぶりに男女Vを飾った。男子は7年連続13度目、女子は2年ぶり14度目。

 サッカー女子は鎮西学...    
<記事全文を読む>