第55回島根県高校総合体育大会後期第3日は3日、県内各地で19競技があり、サッカー男子は立正大淞南が10連覇、バレーボールは安来が2年連続の男女優勝を飾った。バスケットボールの男子は松江西が連覇、女子は松江商が2年ぶりの栄冠を手にした。

 競泳は女子50メートル自由形で1年の石飛咲良(松江南)が県新記録の26秒31で優勝した。各種目上位8人が、全国高校総体(インターハイ)の切符を懸けて中国大会に出場する。

 なぎなたは女子個人で2年の青戸真実(出雲北陵)が、春の全国選抜個人優勝の石飛涼子(同)を破って優勝。フェンシングは女子個人サーブルを井塚千晶が制し、個人フルーレと合わせ、2年連...    
<記事全文を読む>