和歌山県高校総体のバレーボール競技がこのほど、田辺市とみなべ町であり、女子の部で熊野が3位に入り、20回目の近畿大会出場を決めた。他に紀南からは女子の田辺、男子の神島がベスト8に入り、ともに近畿大会の出場を決めた。

 男子21校、女子29校が出場。男女ともシード校(男女各4校)を除く学校でそれぞれ予選を行い、シード校を含む男子16校、女子22校で決勝トーナメントをした。

 女子の紀南勢では、準々決勝に進んだ熊野と田辺が対戦。熊野が2(25―10、25―15)0で勝ったが、準決勝では開智に0(13―25、13―25)2で敗れた。優勝は和歌山信愛。

 熊野女子主将の3年、山本萌さん(17...    
<記事全文を読む>