第69回県高校総合体育大会第5日は6日、諫早市中央体育館などで9競技が行われ、バレーボールの女子は聖和女学院が九州文化学園を破り、20年ぶり3度目の優勝を果たした。男子は大村工がV8。バスケットボール女子は佐世保南が初優勝を飾り、男子は長崎西が6年連続で頂点に立った。

 陸上総合の女子は純心女が初V、男子は諫早農が3連覇。女子100メートル障害は松竹美蕗(長崎女)が大会新となる14秒27で制した。

 バドミントン男子の村本竜馬(瓊浦)、テニス男子の藤永啓人(海星)、女子の牛尾成美(九州文化学園)は団体、個人ダブルス、シングルスの3種目で優勝。ソフトテニス個人は、男子が垣本瑞貴・川内...    
<記事全文を読む>