全国高校総体(インターハイ)の予選を兼ねた陸上の関東大会南関東地区予選会最終日は19日、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で行われ、今大会から正式種目となった女子三段跳びで中村紗華(伊志田)が自身の県高校記録を更新する12メートル56で頂点に立った。

 女子砲丸投げでは大迫晴香(平塚学園)が13メートル90で円盤投げとの2冠を達成。女子1600メートルリレーでは相洋(高島咲、合田、田井、高島菜)が3分42秒17で連覇した。

 男子三段跳びは石川龍佑(藤沢西)が2位、今季の全国高校ランキング1位の泉谷駿介(武相)は3位だった。

 男子円盤投げでは山本一樹(橘)が2位、福島将太(磯子)...    
<記事全文を読む>