(最終日、19日・千葉県総合スポーツセンター陸上競技場) 男女計11種目の決勝などが実施され、県勢は5種目で優勝した。

 男子三段跳びは、冨田健人(本庄第一)が15メートル25で自己ベストを更新し、初の頂点に立った。女子1600メートルリレーは埼玉栄(佐久田、程川、豊泉、鈴木)が3分48秒83で優勝。男子の1600メートルリレーも埼玉栄(大塚、志賀、高山、小高)が3分12秒93で栄冠を手にした。

 女子の砲丸投げは2年生の大野史佳(西武台)が13メートル93で2位以下を大きく突き放して2連覇。同三段跳びは小林聖菜(飯能)が自己新の12メートル17で初制覇した。

 男女とも上位6人(女...    
<記事全文を読む>