(第3日、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場=18日) 男女計9種目の決勝などが行われ、県勢は4種目で優勝を飾った。

 男子800メートルの入江亮輔(春日部共栄)が1分54秒98で初優勝した。新種目の女子ハンマー投げは磯田実華(春日部東)が1投目で47メートル80の自己新をマークし、そのまま逃げ切った。

 女子走り幅跳びは昨年準優勝だった小野瀬桃華(埼玉栄)が5メートル90で初の頂点に立ち、佐藤優月が準優勝、渡辺紀里が3位に入り、埼玉栄勢が独占した。男子5000メートル競歩は長山達彦(埼玉栄)が21分46秒13で圧勝し、初の栄冠を手にした。男子200メートルの明石昂樹(武南)、同...    
<記事全文を読む>