今夏の南東北総体(インターハイ)出場を懸けた陸上の第70回中国高校対校選手権の最終日は18日、広島市の広島広域公園陸上競技場で行われ、女子100メートル障害で1年生の長崎さゆり(大社)が13秒97の好記録で優勝した。男子110障害は昨夏のインターハイ2位の勝田築(開星)が14秒31で貫禄勝ち。男子の800メートルは中井啓太(鳥取城北)が1分56秒17で制し、円盤投げは鈴木真人(倉吉総合産)が43メートル91で優勝した。

 200メートルの男子は門脇陸(松江北)が21秒31で2位、女子は大賀結莉(同)が25秒23で3位と健闘。男子走り高跳びは陶山勇人(大社)が1メートル94で2位に...    
<記事全文を読む>