四国高校選手権大会は17日、4県の会場で27競技を行った。愛媛勢は柔道の団体戦で新田が男子19年連続32度目、女子も2年ぶり11度目の頂点に立った。フェンシングの女子は三島が4度目の優勝で2連覇を達成し、ホッケー男子の伊予も2連覇で12度目の優勝を果たした。バドミントンの男子は新田が2年ぶり9度目のタイトルを手にした。

...    
<記事全文を読む>