全九州高校体育大会は17日、有田工高体育館などで18競技があり、佐賀県勢はバドミントン女子の佐賀女子が決勝で九州国際大付(福岡)を接戦で破り、23年ぶりの団体優勝を飾った。

 陸上の北九州地区予選は男子800メートルの古川凌雅(伊万里)が優勝するなど同日は4種目で全国総体出場が決まった。

 ウエイトリフティングでは53キロ級の辻将輝(有田工)がスナッチで県高校新の85キロに成功、トータルでも県高校記録の185キロをマークして3位に入った。

 ボクシングはライトフライ級Aパートの香月玲音(高志館)ら6人が決勝に進んだ。

 18日は同校などで19競技がある。■「ラスト100メートル勝負」的...    
<記事全文を読む>