全九州高校体育大会は17日、各地で17競技を行った。陸上の全国高校総体南九州地区予選第3日は男女7種目の決勝などがあり、県勢は女子円盤投げの岡本光生(宮崎工)が43メートル85をマークし、本県選手では11年ぶりの優勝。男子走り幅跳びで伊知地駿弥(日南学園)が3位、亀田靖文(宮崎南)が4位に入るなど4種目で6人が全国総体の出場権を得た。

...    
<記事全文を読む>