男子5000メートル競歩は兵庫勢が表彰台を独占した。全国切符は上位4人のみという狭き門に、3人がひしめいた。

 圧巻の強さを見せたのは前回王者の住所(飾磨工)だった。柔らかく股関節を回転させてスピードに乗り、「(正しい)フォームに集中した」と記録を狙わずに唯一20分台を出した。2位で続いたのは同じ飾磨工の中川。序盤から周囲がペースアップする中、「冷静だった」と力みのない歩みでじわじわ追走した。3位だった柳原(川西緑台)は「住所君が仕掛けたらついていこうと思っていた」と一時先頭を奪う積極性を見せた。

...    
<記事全文を読む>