四国高校選手権第3日は17日、四国各地で27競技を行った。陸上の女子400メートルリレーは四学香川西が自らの単独チームによる香川県記録、四国高校記録(47秒34)を塗り替える46秒93で2連覇し、県勢が5位までを独占した男子棒高跳びは石川祐介(観音寺一)が初優勝した。

 男子の思い胸に…47秒の壁突破 頭一つ抜けた強さだった。女子400メートルリレーは、5月に四国高校新記録を樹立した四学香川西が予選、決勝と立て続けに自己ベストを塗り替える圧巻のレースで頂点に立った。「目標の46秒台を出せた。男子の分まで走りました」。アンカーの神田は表彰状を手に喜びをかみしめた。

 決勝は負けられな...    
<記事全文を読む>