(北関東高校陸上 第1日、16日・千葉県総合スポーツセンター陸上競技場) 埼玉、群馬、栃木、茨城の4県が参加して開幕。男女計10種目の決勝などが行われ、県勢は2種目で優勝を飾った。女子走り高跳びの小池芽生(武南)が1メートル72の自己ベストで2連覇を達成した。新種目の女子棒高跳びは和田沙也夏(越谷南)が自己記録を20センチ伸ばし、3メートル80で初代女王に輝いた。

 女子400メートルの岩田芽生(昌平)、男子棒高跳びの2年生塚本宙央(羽生一)、男子走り幅跳びの相沢海斗(西武文理)、男子1500メートルの橋本龍(東農大三)は準優勝だった。

 男女とも上位6人(女子棒高跳び、三段跳び、...    
<記事全文を読む>