陸上の第72回東北高校大会は16日、天童市のNDソフトスタジアムで開幕した。初日は男女9種目の決勝があり、女子5000メートル競歩は木村和(秋田・横手)が25分6秒69で初めて頂点に立った。

 女子やり投げは兵藤秋穂(宮城・古川黎明)が50メートル13で初優勝。男子走り幅跳びは奥口遥史(青森・木造)が7メートル13で2連覇を達成した。

 第2日の17日は100メートルなど男女12種目の決勝がある。◎残り200首位奪う/女子5000競歩 最大約20秒、約100メートルまで開いた先頭との差は、終盤ぐんぐんと縮まった。残り200メートルでトップに立つとそのままゴールへ。女子5000メート...    
<記事全文を読む>